歯科が力を入れるメンテナンス

歯科治療の固定概念

救急

歯科では歯のクリーニングも実施

世間的には歯科といえば虫歯を治す医療機関という固定観念が強いものですが、しかしながら最近では同じエリアに同業者が数多く乱立して競争率も高まっていることもあり、そういった患者の虫歯を治療するだけでは生き残りが難しくなってきています。そこで多くの医師たちは単なる治療に留まらず、患者の歯のメンテナンスにも力を入れるようになってきています。特にクリーニングはその最たるもの。日頃どれだけ綺麗に歯磨きを続けている人でも食べカスや歯垢が付着していることはよくあるもの。こういったものは新たな虫歯の原因となりかねません。歯科では三か月から半年に一度の割合でのメンテナンスを推奨しており、こういった取り組みが虫歯に強い健康的な歯を作り出す要因となっています。

クリーニングをかねて定期健診を

身体の健康診断は毎年受けているけれど、歯科医にはここ数年行っていないという方は結構多いのではないでしょうか。実は口の中の健康は全身の健康に大きく影響していることがわかってきています。心筋梗塞の原因になったり、糖尿病を悪化させたり、頭痛や腰痛を引き起こす場合があるのです。ほとんどの人は毎日歯磨きを行っていると思いますが、成人の80%が歯周病になっているというデータもあります。かかりつけの歯科医をもち、定期的に歯をクリーニングしてもらうと同時に、口の中の定期健診を受けましょう。きれいな歯は見た目の美しさだけでなく、全身の健康につながっているのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科が力を入れるメンテナンス. All rights reserved.