歯科が休診の場合は救急病院

急な痛みは救急歯科へ

救急

救急病院でも歯科診療は可能

休日や深夜などに急に歯が痛み出し、我慢できない場合は歯科を標榜する救急病院でも治療をしてもらう事は可能ですが、当直医がいない場合もありますので、まずは電話で確認してみると良いです。痛みは強烈でも命にかかわる病気ではない事が多いので、応急処置の説明をして朝まで様子を見るように指示が出る場合もあります。歯科の救急病院はあくまでも一時的に処置を行う所なので、継続的な治療を必要とする場合は、診療時間内に別の歯医者に行く事になります。その際に痛み止めなどの薬が出ている場合にはきちんと持参するようにしなければなりません。

救急で歯を診てもらう時

救急で歯科を受診する時はそこですべてを解決しようと考えるのではなく、出来る限り早くかかりつけの医療機関に行くべきです。多くの場合、救急では簡易な応急処置や当日分の痛み止めの処方があるくらいです。出来る限り早くかかりつけの医療機関を受診し、悪い箇所を治した方が良いです。時間によっては医療機関を受診出来ない事もあります。そのようなケースは患部を清潔に保ち、痛みや汚れ等をこれ以上拡大させない事が重要です。家庭内にある道具で歯のケアをする事です。焦らず冷静に歯科医師に説明し、苦しみを緩和させる事が患者にとって最も大切な業務です。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科が力を入れるメンテナンス. All rights reserved.