歯科ホワイトニング種類

歯科で白い歯を得る

救急

歯科でのホワイトニングとは

歯の黄ばみが気になる方にはホワイトニングがおすすめです。ホワイトニングの種類には、歯科で作った自分の歯型のマウスピースに薬剤をつけ自宅で白くする方法と、歯医者で薬剤を塗って光などを当てることによって白くする方法とがあります。自宅でおこなう方法は、日中30分~1時間マウスピースを装着するのを2週間~1か月続けなければいけません。しかし効果は長く続き、薬剤を買い足すことで再度歯を白くすることができます。一方歯科でおこなう方法はスピーディーに白くすることができますが、長続きはしません。それぞれの特徴を理解し、自分に合った方法を選択して下さい。

歯のホワイトニングに関する解説

ホワイトニングは薬剤によって歯を白くすることを言います。歯科を取り扱っているクリニックで実行した場合は歯を削る必要性もなく、治療を受ける方にもよりますが即効性が強く一回の通院で効果が出る事が魅力的です。受けるクリニックによって効果も違ってくるので、よく評判を調べておく事をお勧めします。料金も比較検討した方がいいです。また、歯科だけではなく自宅でも実行する事ができます。クリニックなどで薬を貰う場合と市販されているものを購入する場合があります。ただし、一般的に自宅で行うよりもクリニックで行った方が効果は高いようです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科が力を入れるメンテナンス. All rights reserved.