歯科の種類と違いを知る

歯科の種類と違い

救急

歯科にはどういう種類があるのか

歯科は、歯または歯に関連した組織に関する、疾病を扱う診療機関です。診療科目は、四種類と法的に定められています。町で開業して、歯の治療にあたる歯科と、歯の矯正を目的としたもの、小児が対象のもの、口腔外科です。町で開業している医院は、医師、衛生士、技工士、助手などが従事しています。綜合病院では、看護師、放射線技師を配置しています。開業医では対応できない症状の患者を扱うためです。歯は他の病気との関連がある場合がありますので、大きな病院と連携する必要があります。

若い歯科医が多いクリニックがオススメ

職人の世界だと、キャリアが豊富な高齢のスタッフに仕事をお任せした方が安心です。経験に裏付けされたスキルがあり、年の功が随所に現れます。ただ、歯の治療などが受けられるデンタルクリニックの場合は若い歯科医が多い施設の方が良いでしょう。無論、歯の治療もキャリアは大事です。しかし、最近の若い歯科医の多くは学生時代から膨大なキャリアを積んでいます。知識量を比較すると、20代から30代の若手医師の方が優れており、最新鋭のインプラントや虫歯治療のノウハウに秀でているため、職人の世界とは反対に若いスタッフが集うクリニック

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科が力を入れるメンテナンス. All rights reserved.